フリマアプリ転売の仕入れ

転売ビジネスの今・これから

メルカリ転売」と呼ばれる稼ぎ方があります。

方法は単純で「安く仕入れた商品をフリマアプリで売る」という一般的な商売モデルです。

販売先はメルカリのみではありません。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • フリル
  • ZOZOフリマ
  • フリマjp
  • ショッピーズ
  • オタマート etc…

数あるフリマアプリ全てが買い手を見つけるプラットフォームになるのです。

「今から始めても手遅れ」と思う人は、市場を見てみましょう。

フリマアプリ市場推移

ネット販売市場の推移

今でもユーザーに伴い、取引数も拡大しているのです。

なぜ上昇し続けるのか

なぜメルカリを筆頭にしたフリマアプリの市場が拡大し続けるのか。

それはCtoCという現代的なサイトモデルを採用しているからです。

CtoC型とは、ユーザー同士がやり取りをする場所のことを指します。

過去のネット販売モデルはショップ形式がメインで、ショップの販売サイトで買い物をするのが主流でした。

中古の商品を購入しようとしても、売った人買う人の間に業者が挟まります。

つまりは業者が買いたい価格で買い取り、業者が売りたい価格で販売していました。

この形がフリマアプリの普及により変化しました。

売り手が売りたい価格で販売できるようになり、買い手が買いたい価格で買うことができる場所がフリマです。

売り手買い手双方に利益があるのがフリーマーケットです。

これらの利点により、今でも市場拡大を続けています。

購買ユーザーの傾向

ネットショップでは売れていても、フリマアプリでは売れにくいという商品もあります。

専門店として商品を販売するネットショップとは、買い手ユーザーの意識が大きく異なるのです。

フリマアプリ購買ユーザーは

  • 相場より安く買いたい
  • 必要なもの、実用性があるものを探している
  • 色など、たくさん種類が欲しい
  • 中古でもいいから欲しいブランド

という意識を持って商品を選びます。

新品の商品を売って稼ぐには、安く仕入れることが絶対的な条件となります。

ジャンル・ブランド・メーカーに拘らず、いわゆるノーブランドの商品を幅広く取り扱うことが売り上げを伸ばすコツです。

ノーブランド品の商品仕入れ先は、低単価商品豊富な中国が適しています。

仕入れチャイナ」は、卸売ではなく輸入代行ならではの低価格で商品を提供しております。

個人による中国仕入れはオススメできない

個人による中国仕入れは難易度・危険度の高い行為となります。
その理由として

  • 言語の問題
  • 国際便の送料
  • 関税による思わぬ出費
  • 輸入規制などの法律
  • 販売元とのトラブル

など様々な不安要素があります。
国際的な取引なので、大きなトラブルとなるリスクがあります。

これらのリスクを全て回避するためにも、日本の仕入れサイト活用をオススメします。

仕入れチャイナなら、関税やその他コストが一律(購入金額により無料)で利用できます。

送料一律1000円。3000円以上のお買い上げで送料無料。

時間をビジネスに注ぐ

ビジネスで稼ぐに当たって、時間は効率的に活用したいと思います。

無駄なやり取りをするくらいなら、売れ筋のリサーチや商品ページの作り込みなど利益に繋がることに時間を使いたいものです。

言語問題や国際便送料、トラブルなど様々なことで時間を費やすこととなりかねません。

全てが一律化されている仕入れサイトを活用することで、ビジネスに充てる時間を多くとることができるようになります。

格安の海外製品やノーブランド品を仕入れている業者は少なく、海外の生産メーカーなどと直接取引をする必要があります。

仕入れチャイナなら安く仕入れることができ、収支の管理も楽に行うことができます。

タイトルとURLをコピーしました