中国からの輸入コスト

輸入ビジネスの本質は「海外の製品を日本の消費者(購入者)に提供すること」にあります。

安く仕入れることができればその分、安くお客様に提供できるようになります。

ですが輸入仕入れには目に見えていないところで、費用が発生します。

このページは中国からの輸入コストの詳細を公開しています。

輸入にかかるコスト

商品を海外から輸入するには、様々なところでお金がかかります。

輸入ビジネスに必要な費用(輸入原価)の内訳を見ていきましょう。

海上輸送費用

海外から日本に商品を送る送料です。

大まかな内訳としては

  • 海上運賃
  • サーチャージ(各調整金)
  • コンテナ料金

が挙げられます。

これらは商品の重量や輸送燃料などによって変動します。

なので費用を公開している業者は少なく、前もっての算出が難しい費用です。

関税

輸入品に課せられる税金です。

品物によっては無税のものもあります。

関税が課せられない物と課せられる物、課せられる金額などは、輸入する物によって異なります。

もし何も申請ぜず海外から輸入をした際に税関で止められたり、余計に費用がかかったりとトラブルの原因となることがあります。

海上保険

輸送トラブルが起きた際に、損害を補うための保険です。

保険の費用負担は契約によって売り手・買い手が異なります。

実際に損害が発生した場合は買い手側が手続きを行います。

つまり海外からの輸入者が手続きをしなければなりません。

また海上保険に加入していないこともあり得ます。

通関費用

税関に輸入申告をするための諸経費です。

輸入申告ができる業者に依頼する手数料を指します。

国内配送料

日本に入った輸入品を運ぶ費用です。

あなたの店や自宅などに届けるための送料で、日本の宅配業者へ支払う料金です。

複雑な費用を一律化

これだけの輸入費用を自分で計算していては時間がいくらあっても足りません。

個人的な事業を営んでいて「少量の輸入がしたい」人も大勢います。

仕入れチャイナでは仕入れ代行サイトとして、誰でも簡単に輸入が行えるよう手数料を一律化しました。
送料一律1000円。3000円以上のお買い上げで送料無料。
合計購入金額が3000円を超えれば全てのコストが無料となります。

複雑な輸入コストを計算せず、商品の金額のみで仕入れをすることができます。

副業での輸入転売やネットショップ運営、オリジナル商品作成に適した仕入れサイトです。

タイトルとURLをコピーしました