【面倒くさい・忘れる】スマホの充電を怠らない為の対策方法

日常生活には欠かせないスマートフォン。

現代のスマホは単なる連絡ツールではありません。

様々な機能やアプリの活用で、生活の中心とも言えるほどなくてはならない重要なデバイスとなります。

当然、充電が切れてしまっては一切の機能を使用することができません。

残りの充電が少なくなってきて、ひやひやした経験もあると思います。

このページに訪れている人は、

  • スマホの充電をよく忘れる
  • 毎日の充電が面倒くさい
  • 充電を忘れない方法を知りたい

という人だと思います。

スマホの充電に焦ることがないよう、日常生活でできる充電怠り対策を考えました。

充電を行わない原因

スマホの充電を「忘れてしまう」、「めんどうで怠ってしまう」理由から対策方法を考えていきましょう。

純粋に充電を忘れてしまう

面倒くさいと思って充電していないわけではなく、充電プラグを差し忘れただけの時です。

寝る前に充電をしようとしていたのに忘れて寝てしまうこともあると思います。

疲れていたりすると知らないうちに寝落ちしてしまうこともあるかもしれません。

純粋な忘れであっても対策することは可能です。

めんどくさいが勝ってしまう

「充電しないといけない」と思ってはいるものの、「めんどうだ」と感じてしまい充電を怠ってしまう場合もあります。

  • ものすごく疲れている時
  • お酒を飲んで楽観的になっている時
  • かなり忙しい時

このような時にありがちです。

私もよくあります。

翌日出掛ける時になって後悔します。

この場合はめんどくさくなければいいわけです。

誰にでも共通する対策方法がありました。

生活の中で自然に充電する対策方法

忘れてしまう場合と怠ってしまう場合、両方に共通する対策方法です。

充電を意識せず、ノーアクションで充電する習慣にします。

充電を忘れてしまう場合であっても、スマホを置く位置はある程度決まっているのではないでしょうか?

例えば、ベッドの横や机の上など、自然に同じ場所に置いていると思います。

充電を怠る場合でも同じです。

習慣のように同じ場所にスマホを置いていると思います。

そのルーティンの場所にワイヤレス充電器を設置することで対策できました。

ワイヤレス充電器とは、スマホを置くだけで充電をしてくれる機器です。

ワイヤレス充電器をいつもスマホを置く場所に設置するだけでも対策になります。

ベッドの横、机、リビングなど、長時間滞在する場所に複数設置してもいいかもしれません。

生活の中で自然に充電を行うことが最大の対策となります。

気になる価格ですが、メーカー品が多いAmazonや楽天での相場は3000~7000円程度と高価です。

ノーブランドの無名メーカー品であれば1000円でお釣りが返ってくる価格で購入できます。

海外メーカー品は驚くほど安価で購入することができます。

【10W】ESVNE ワイヤレス充電器

10Wワイヤレス充電器
購入価格:¥715~
充電目安:1.5時間
商品ページへ

【5W】ESVNE ワイヤレス充電器

5Wワイヤレス充電器
購入価格:¥660~
充電目安:2時間
商品ページへ

W数により充電完了までの時間が異なりますので、生活に合わせたモデルを選択するといいでしょう。

「備え」も兼ねて対策する

ここまでは「充電を行う」為の対策方法でした。

「生活に溶け込ませる」意味であれば、もう1つの対策があります。

それはモバイルバッテリーを持ち歩くことです。

鞄の中に入れておく習慣を身に付けておけば、いつでもどこでも充電することが可能ですし、緊急時に充電することもできます。

ありきたりな方法でありますが「備え」としても有効な手段です。

色々な機器の充電に使える

  • アイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式たばこ
  • スマートウォッチ
  • ポケットWi-Fi

など、最近は持ち運ぶ電子機器が増えてきています。

充電バッテリーを携帯しておくことで、ほとんどの機器の充電を行えます。

バッテリーとケーブルを持ち歩く必要があるので持ち物が増えてしまうデメリットがありますが、大容量で超小型のモバイルバッテリーもあります。

【USAMS】超小型ポータブルバッテリー

モバイルバッテリー
9.5×6.37×2.55cm
商品ページへ

【USAMS】小型モバイルバッテリーLEDディスプレイ

モバイルバッテリーLEDディスプレイ
9.35×6.42×2.35cm
商品ページへ

いつもより長い時間の外出をする時など、1つ持っておくと心強いです。

タイトルとURLをコピーしました